Pocket

薬食同源という言葉があります。これは薬物と食物はその源が一つであるという考え方で食の延長上に薬があるのです。

中国最古の薬物書「神農本草書(しんのうほんぞうきょう)」には、自然界から選び出された365種の薬物が取り上げられており、それはさらに120種の上薬、120種の中薬、120種の下薬に分けられるとしています。

①上薬(じょうやく)は、アンチエイジングにつながるもので、長期に摂取するほど、元気になるものです。

②中薬(ちゅうやく)は、使い方によって、クスリにも毒にもなるもの。上薬を助ける作用をもち、体の抵抗力を養います。

③下薬(げやく)は、毒であるが、病気の治療でどうしても必要なときに、慎重に用いるものです。長く服用してはいけません。上薬や中薬を補佐します。

薬が嫌いな人はいますが、食事が嫌いだという人は少ないです。

むしろ栄養やカロリーを気にするのではないでしょうか?

薬も西洋薬や漢方薬といった素材も種類も違うように考えかたも違います。活用のしかた次第で健康増進にもなるのです。

Pocket