Pocket

ペット漢方薬と獣医さんから処方される薬との違いとは

病院で処方されるお薬は、ペットの体にとってかなりの負担が生じていると考えられます。人間の場合と同様に、処方箋で出される薬は全て化学薬品です。そのため体内に入ると異物として反応します。それが副作用で人間より体の小さいペットには様々な機能障害を起こします。

なぜ、漢方薬はペットに優しいの?

漢方薬の主な原料である生薬は主に植物です。動物は体調が悪い時に散歩中でも雑草を食べたりして体調を整えます。自分の体に合う植物であれば、それは体が要求しているという証拠。漢方薬は自然の摂理に叶った生薬の薬です。

漢方薬って値段が高いのでは?

今までの漢方薬は価格が高いというイメージがありましたが、めぐり漢方薬店は漢方薬の素晴らしさと効き目をより多くのペットを愛する人たちに知って頂きたいとおもっています。

漢方薬の与え方

ペット食に詰めたり、混ぜたり、溶かしたり様々な方法があります。「ピルポケット」は、薬をポケット状の肉の中に包み込んで食べさせるものです。犬用と猫用が用意されています。「おくすりちょーだい」は液体又は顆粒状の漢方薬と混ぜて与えることが出来ます。「フレーバードゥ」はペースト状になっており包んで与えます。「おクスリ上手」はオブラート状になっており包んで与えます。犬猫それぞれ好みが違うので試しながら与えてみて下さい。

【ピルポケット】

犬用チキン90g

【ピルポケット】

猫用チキン45個入り

【ピルポケット】

猫用サーモン味45個入り

【フレーバードゥ】

ペースト状に漢方薬を包んで与えます

【おくすりちょーだい】

溶かして与えるので液体も大丈夫です。

 

【おクスリ上手】

Pocket